有害植物による食中毒にご注意ください

ページ番号1006931  更新日 平成30年5月9日

印刷 大きな文字で印刷

 毎年、春先から初夏にかけて、有毒植物を食用の植物と誤って食べたことによる食中毒が多発しています。全国では、ギョウジャニンニクだと思ってイヌサフランを誤って食べたり、ニラだと思ってスイセンを誤って食べたりして、食中毒が発生した事例が複数報告されています。

 食用と確実に判断できない植物については、絶対に「採らない」「食べない」「売らない」「人にあげない」よう、ご注意ください。

 詳細は、厚生労働省のホームページをご覧ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

農水振興課農政企画係
〒959-2415 新潟県新発田市住田510番地 加治川庁舎1階
電話番号:0254-33-3108 ファクス番号:0254-33-3930
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。