マイナンバーカード(個人番号カード)・通知カードについて

ページ番号1000631  更新日 令和2年5月31日

印刷 大きな文字で印刷

1 マイナンバーカードについて

写真:マイナンバーカードの様式について

  • 「マイナンバーカード」は、希望者の申請によって作成されるもので、本人確認のための情報をカード内に電子的に記録できるICカードです。個人番号は裏面に記載されます。(初回交付無料)
  • 本人確認のための公的な証明書として利用できます。
  • e-Taxなどの電子申請が行える電子証明書(15歳未満の方は除く)の機能も搭載できます。(初回無料)

※パソコンから電子申請を行う際には、ICカードリーダライタの準備が必要です。マイナンバーカードに対応している製品は「公的個人認証ポータルサイト」をご覧ください。

また、コンビニエンスストアで各種証明書を取得する機能も利用できます。
詳しくは下記「証明書のコンビニ交付サービスをご利用ください」をご覧ください。

※カードには「所得に関する情報」や「年金の給付に関する情報」などプライバシーが高い情報は記録されません。
※「住民基本台帳カード」と重複して所持することはできません。

マイナンバーカードの申請方法について

  • 「通知カード」と一緒に送付された「個人番号カード申請書」に、ご自身の顔写真を添えて、同封の返信用封筒で地方公共団体情報システム機構宛に郵送していただきます。パソコン・スマートフォンからの申し込みも可能です。なお、住所変更などにより、印刷されている住所や氏名に変更があった場合は「ダウンロードコーナー」から申請書を印刷してお申し込みいただけます。
    ※住所変更の前にカードを申請した場合、カードが交付できず、再度申請手続きが必要な場合があります。住所変更の後に申請されることをお勧めします。
  • 市役所の窓口では、タブレット端末を使った顔写真の撮影など、申請のお手伝いをしています。本人確認ができるもの(運転免許証・健康保険証など)をお持ちください。
  • 申請により作成されたカードが市に届いた後、順次個別にお知らせをお送りしています。指定の期限までに受け取りに来ていただいております。
    ※申請から約1か月でご案内しております。なお、申請状況により遅れる場合があります。

    詳しくは、マイナンバーカード総合サイトをご覧ください。

平日のほか、第2・4日曜日もマイナンバーカード申請・交付窓口を開設しています

平日のほかに、第2・4日曜日もマイナンバーカードの申請や受取ができます。平日の来庁時間に都合がつかない方は、ぜひご利用ください。

【日曜日の実施予定日】(令和2年分)
・令和2年6月14日(日曜日)、6月28日、7月12日、7月26日、8月9日、8月23日、9月13日、9月27日、10月11日、10月25日、11月8日、11月29日(11月22日は実施しません)、12月13日、12月27日

 ※システムメンテナンスにより変更となる場合があります。

【受付時間】

 平日(月~金曜日):午前8時30分~午後5時15分
 日曜日:午前8時30分~午後0時30分
 ※祝日、休日、12月29日~1月3日を除く

【申請・交付場所】

 平日:本庁舎1階市民生活課・各支所住民福祉係
 日曜日:本庁舎1階市民生活課

 

マイナンバーカードを申請した後に必要がなくなった場合は

「個人番号カード申請取下げ申出書」を提出していただくことにより、申請の取り下げができます。

※市役所や行政機関では、電話で個人番号を聞くことはありません。もし、不審だと感じたら、市役所などにご確認ください。
※カードイメージなどの出典は総務省ホームページです。

2 通知カードについて

写真:通知カードの様式について

  • 「通知カード」は、住民票を有するすべての方に12桁のマイナンバー(個人番号)をお知らせするために郵送されていた紙製カードです。
  • 平成27年10月以降、住民票を有するすべての方に、住民票に記載されている住所あてに世帯ごとに簡易書留で郵送されました。

・令和2年5月25日に国の法律の一部改正に伴い、通知カードは廃止となります。既に発行済のカードは、券面記載事項に変更がない(住民票の記載内容と一致している)場合は、当面の間、マイナンバーを証明する書類として使用できます。

・通知カード廃止後は、通知カードの交付・再交付は行いません。また、住所・氏名などに変更があった場合も、通知カードの券面記載事項の変更は行いません

・令和2年5月25日以降に出生または外国から転入の届出を行うなど、新たにマイナンバーを付番される方には、「個人番号通知書」を送付します。ただし、個人番号通知書はマイナンバーを証明する書類としては使用できません。また、交付及び記載事項の変更は行いません。

【通知カード廃止後にマイナンバーを証明できるもの】
・マイナンバーカード
・マイナンバーが記載された住民票の写し
・マイナンバーが記載された住民票記載事項証明

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市民生活課窓口係
〒957-8686 新潟県新発田市中央町3丁目3番3号 ヨリネスしばた1階
電話番号:0254-28-9100 ファクス番号:0254-22-5662
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。