「言葉は人によりにけり」

ページ番号1001584  更新日 平成30年11月16日

印刷 大きな文字で印刷

「広報しばた」2017年4月3日号掲載

世間には、何でもメモを取る「メモ魔」のような人がいます。私は小まめに記録を取ることもありませんし、かといって記憶力が特段に優れているわけでもありません。そんな私でも、「心の琴線」がポンッとはじかれる、心に染みいる言葉に出逢うと、自分のパソコンに保存している「心の名言集」に追加しています。これは、議員時代からずっと大切にしているものです。

市民の方から「市長は話の引き出しが多いですね」と言われることがありますが、実は引き出しはこの「心の名言集」だけです。その中の「感動」を一つひとつ並べ替え、悪戦苦闘しながら人前で話しているというのが「ネタばらし」です。

ところで、落語家の春風亭小朝さんが、江利チエミさんに、高倉 健さんとのなれそめを尋ねたところ、健さんが「月に人間が行けるようになったら、君を一番先に連れていくよ」と答えたそうです。歯が浮くようなセリフで、とても私には言えません。しかし、高倉 健さんが、あの顔で、あの声で言ったのだと想像すると少し話が違います。

つまり、「何を言ったか」ではなく、「誰が言ったか」が重要だということになります。悪戦苦闘して考えた私の話も、「感動」が陳腐なものとして伝わっているとしたら…。背中に冷たいものが走りました。まさに「言葉は人によりけり」なのです。

最近、この「心の名言集」に「感動」が追加されません。出逢っていても、通り過ぎて行ってしまうのかもしれませんし、心の琴線がゆるくなったのかもしれません。これって忙しいせいでしょうか、それとも年齢のせい…?

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

みらい創造課広報広聴係
〒957-8686 新潟県新発田市中央町3丁目3番3号 ヨリネスしばた5階
電話番号:0254-28-9532 ファクス番号:0254-22-3110
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。