「現市庁舎、ご苦労さま」

ページ番号1001587  更新日 平成30年3月29日

印刷 大きな文字で印刷

「広報しばた」2016年12月1日号掲載

写真:現市庁舎

新市庁舎は、建設工事が完了しました。12月に入って引っ越し作業を進めており、来年の1月4日にいよいよ開庁します。

現在の市庁舎は、昭和39年4月に焼失した旧市庁舎を建て替えて、昭和40年11月に竣工しました。確かな話ではありませんが、当時、急遽建設することとなったため、県内他市の庁舎の設計図をそのまま使ったという話を、新人議員の頃に先輩議員から聞いたことがあります。

もしそれが本当ならば、現在の市庁舎とそっくりな建物が、県内にあったということになります。そこで、何人かの市長に尋ねてみたのですが、答えは見つかりませんでした。私の記憶違いなのか、その先輩が間違って教えたものか、ずっと気になっていました。

現在の市庁舎は、竣工して間もなく起こった下越・羽越水害から平成の大合併まで、その時々の新発田市を見守ってきました。昭和54年には市議会議員として、平成22年には市長として、緊張した面持ちで初登庁した私を迎えてくれたのもこの庁舎です。市民の皆さんにとっても、私にとっても思い出の多い建物です。

今、その役目を終えようとする一抹の寂しさからでしょうか、「もう一つの現市庁舎」の存在を巡る謎解きへの思いが、心の中で大きく膨らんで抑えきれません。もし、ご存知の方がおられましたら、ぜひ教えていただきたいと思います。

とにもかくにも、新市庁舎には希望を託して、現市庁舎には「ご苦労さまでした」と感謝の言葉を贈りたいと思います。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

みらい創造課広報広聴係
〒957-8686 新潟県新発田市中央町3丁目3番3号 ヨリネスしばた5階
電話番号:0254-28-9532 ファクス番号:0254-22-3110
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。