それぞれの「秋」

ページ番号1001601  更新日 平成30年11月16日

印刷 大きな文字で印刷

「広報しばた」2015年9月1日号掲載

せみのにぎやかな声が鈴虫の奏でる音色に代わる頃、私にとっては心待ちにしていた季節の到来です。透き通って少しひんやりとした空気が私はとても好きで、毎年、秋の夜長をどのように過ごそうかと、あれこれ思いを巡らせています。

秋の虫の音も風流ですが、最近は音の柔らかさや趣味性の高さから、レコードの生産が上向いているそうです。30年ほど前に、レコードはCDにとって代わられ、表舞台から姿を消しました。現在では、インターネットを通じた音楽配信が主流になっているそうです。

今思えば、レコードを聴きながら「青春ごっこ」をしていた自分が懐かしく思い出されます。当時、テレビ番組でトム・ジョーズのショーが放送され、その歌唱力とパフォーマンスに「ビビビッ」とハマりました。ですから、学生時代は食費を削り、社会人になってからは小遣いを貯め、全集を揃えました。

レコードは、ほこりや静電気、傷に弱く、聴き終わるとスプレーをかけ、専用ブラシで拭いて大切に扱っていました。今でも針を落とせば、きっと素晴らしいサウンドが聴けると信じています。

里帰りや夏祭りなど、楽しくもせわしない夏が過ぎ去れば、日暮れとともに家の中でゆっくりと過ごす時間が長くなります。ようやくほっと一息つける季節になるのではないでしょうか。厳しい冬が来る前のつかの間のご褒美のようなひとときを、皆さんは何をして過ごしますか。

私は、久々にレコードに針を落として、音楽の秋を楽しむとしましょう。さっそく倉庫のステレオ装置のほこりを落とし、『ラブミートゥナイト』で「青春ごっこ」の開演です。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

みらい創造課広報広聴係
〒957-8686 新潟県新発田市中央町3丁目3番3号 ヨリネスしばた5階
電話番号:0254-28-9532 ファクス番号:0254-22-3110
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。