季節は春

ページ番号1001621  更新日 平成30年3月29日

印刷 大きな文字で印刷

「広報しばた」2013年4月1日号掲載

写真:新発田城三階櫓

いよいよ新年度が始まりました。毎年、黄色い帽子の新入生が、大きな期待とちょっぴりの不安、胸をドキドキさせながら登校する光景を目にする度、なぜか私の目頭は熱くなり、「伸びやかに育ってほしい」という願いが込み上げてきます。どんな大人に成長するかは育て方しだいですが、子ども一人ひとり違う個性を持っています。その個性を伸ばしてあげたいと思います。

「15の春を泣かせない」「高校受験をうまく乗り切らせよう」という想いから、保護者の皆さんには、「中学生より小学生から」という気持ちが強いようです。でも、それでは子どもは忙し過ぎます。「忙しい」という字は「心が亡(ほろ)ぶ」と書きます。

そんな想いから長年行われてきた「ゆとり教育」は、安易に結論は出せないものの、一方では「学力低下」と無関係とは言えないかもしれません。私は「ゆとり」が必要なのはむしろ保護者の皆さんだと感じています。心理的にも経済的にも保護者に「ゆとり」がなければ、温かい目で、長い目で子どもたちの成長を見守ることは難しいのではないのでしょうか。

子どもたちは「私たちの未来、夢そのもの」。保護者の皆さんには子どもたちの成長の相当の部分が委ねられています。その重責を少しでも軽くなるように、市ではできる限り支援します。「次の世代の子どもたちのために…」。これが二階堂市政の柱だからです。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

みらい創造課広報広聴係
〒957-8686 新潟県新発田市中央町3丁目3番3号 ヨリネスしばた5階
電話番号:0254-28-9532 ファクス番号:0254-22-3110
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。