市民・事業者・市の役割

ページ番号1005305  更新日 平成30年3月29日

印刷 大きな文字で印刷

市民、事業者、市それぞれがどのような役割をもって取り組みを進めていくことが、「食の循環によるまちづくり」につながっていくのかを以下のとおりまとめました。

産業の発展

市民の役割

写真:販売所

  • 地場産農産物や農産加工品の積極的利用を
    新発田市産の安全・安心でおいしい農産物や加工品の購入を心掛けましょう。

写真:給食

  • 給食の献立等をヒントに、地場産農産物利用にひと工夫を
    給食の献立には新発田の食材がいっぱいです。これらを参考に、家庭等で新発田の食材を味わいましょう。

事業者の役割

写真:ご飯

  • 「食の循環」を意識して、安全・安心な農産物の生産を
    生産者は「食の循環」を意識して、消費者が求める安全で安心な農産物を生産しましょう。

写真:生産者

  • 未来につなごう食の循環! 生産者の確保と育成を
    JAは農業の担い手である生産者の確保と育成に努めましょう。

写真:アスパラガスの料理

  • 地場産農産物を活用した加工品の生産拡大やメニュー開発の推進を
    食品関連産業は新発田市産農産物を活用した加工品の生産拡大、メニュー開発を進め、その情報を発信しましょう。

写真:店内

  • 地場産農産物の販売取扱の促進と、消費者が分かりやすい情報伝達を
    直売所や小売店等は、新発田市産農産物の取り扱いを増やし、消費者が分かりやすい表示や情報の提供を行いましょう。

イラスト:小学生

  • 学校給食等に地場産農産物を供給するため、計画的な生産を
    生産者は学校給食に新発田市産農産物を供給できるよう計画的な生産を行いましょう。

イラスト:供給フロー図

  • 学校給食等へ地場産農産物を供給できる仕組みづくりを
    JAは学校給食等へ地場産農産物を供給するための仕組みづくりや、生産者の確保・育成に努めましょう。

市の役割

  • 食の循環を支える生産者の確保と育成を支援
  • 生産者と食品関連産業の連携を支援
  • 地場産農産物を活用した新たなメニューや商品開発を支援
  • 地場産農産物の情報発信
  • 生産者と小売店等が連携する仕組みづくり
  • 生産者の顔が見える販売の仕組みづくり支援
  • 学校給食等での地場産農産物活用のための納入ルート確立

健康及び生きがいの増進

市民の役割

写真:日本型の献立

  • 地場産農産物の使用を心掛け、バランスよい食生活を
    新発田市産農産物の使用を心掛け、主食・主菜・副菜の揃った日本型食生活を実践しましょう。

イラスト:規則正しい生活習慣

  • 規則正しい生活の実践を
    生活リズムを見直し、規則正しい生活習慣を身に付けましょう。1日3回の食事をきちんと摂り、歯みがき習慣を身に付けましょう。

  • 自らに適した食事の実践を
    量や質など、自分に適した食事内容を理解し、実践しましょう。
  • 食と健康の関係性への関心と、学習機会の活用を
    食と健康の関わりを重視し、情報収集に努め、学習機会等にも積極的に参加しましょう。

事業者の役割

イラスト

  • 消費者の健康につながる食の提供を
    食品関連産業は、ヘルシーメニューの提供や、栄養成分の表示など、情報提供を行いましょう。

写真:調理風景

  • 食生活の改善に関わる知識や調理技術の提供を
    食生活改善推進委員は、市民の食生活を改善するため、知識や調理技術などを積極的に提供しましょう。

  • 食と健康に関する情報の提供を
    医師会や歯科医師会は、食と健康に関する情報の提供を行いましょう。
  • 食に関わる正確な情報や知識の普及を
    食生活改善推進委員は、食に関わる正しい情報と知識の普及を図りましょう。
  • 地域の特徴を活かした食と健康に関する情報の提供を
    地区保健自治会は、各地域において食と健康に関わる情報提供と学習機会の充実を図りましょう。

市の役割

  • 栄養バランスの良い食生活のための情報提供や学習機会の充実
  • 食生活改善推進委員の活動支援
  • 望ましい食習慣確立のため情報提供や学習機会の充実
  • 事業者、医師会、歯科医師会、地区保健自治会が行う食と健康に関する取り組み支援
  • 食生活改善推進委員の人材確保と育成

教育及び伝承

市民の役割

イラストと写真

  • 新発田の食文化の継承を
    新発田の食文化に関心をもち、継承するよう心掛けましょう。
    また、地域で行われる食文化継承の取り組みに参加しましょう。

イラスト:家族で食事

  • 家族等と囲む楽しい食卓を
    家族や仲間と一緒に食卓を囲む機会をつくり、会話などを交えながら、食事を楽しみましょう。

写真:料理をする子どもたち

  • 料理に親しみを
    親子等で、料理を一緒に作る機会をもうけ、次世代に食に関わる知識や技術、文化などを伝えましょう。

イラスト:箸の持ち方

  • 食事マナーの習得を
    食事の際の挨拶や箸の持ち方など、正しい食の礼儀作法を身に付けましょう。

  • 食に関わる情報への関心と学習機会の活用を
    食に関する情報に関心をもち、学習機会等にも積極的に参加しましょう。

事業者の役割

  • 伝承料理等の食文化の継承を
  • 食のマナーや豊かな食生活形成ための啓発普及を

写真:料理と集合写真

食生活改善推進委員は、伝承料理等の食文化を継承するため、情報提供や知識の普及を図りましょう。
また、食の礼儀作法や豊かな食生活を形成するため、知識、技術等の普及を行いましょう。


  • 食文化に関する情報提供と地域特性を活かした食文化の継承を
    食文化に関わる情報提供を積極的に行いましょう。
    また、地域の特性を活かした食文化の継承に取り組みましょう。
  • 豊かな食生活形成に貢献を
    食事を通じた豊かな食生活の形成をめざし、食の礼儀作法や家族や仲間等と食卓を囲むことの大切さについて広めましょう。

市の役割

  • 食の大切さに関する幅広い情報提供と学習機会の充実
  • 食文化に関する情報提供と学習機会の充実
  • 学校等で食の循環に沿った食育を推進
  • 地域で行う食文化継承の取り組み支援
  • 食の礼儀作法や豊かな食生活形成のための情報提供と学習機会の充実
  • 地域で行う食の礼儀作法や豊かな食生活形成のための取り組み支援

環境の保全

市民の役割

イラスト:学習

  • 食と環境の関係について学習を
    食と環境の関わりについて、学ぶ機会に積極的に参加しましょう。

イラスト:女の子

  • 「もったいない」意識をもち、食べ物を大切に
    日常的に「もったいない」を意識して、好き嫌いなく残さず食事をしましょう。

イラスト:買い物をしている親子

  • 食材の買い過ぎに注意を
    食材の買い過ぎや料理の作り過ぎに注意し、ごみを出さないよう心がけましょう。

写真:分別している様子

  • 家庭や地域で生ごみ分別の徹底を
    有機資源の再利用のため、家庭や地域で生ごみ分別の取り組みを行いましょう。

  • 生ごみの堆肥化と堆肥を使った土づくりへの関心を
    分別した生ごみは堆肥化するよう努め、堆肥を使った土づくりにも関心をもちましょう。

事業者の役割

イラスト:もったいなーい

  • 「もったいない」を合言葉に、生ごみや食べ残しの削減を
    「もったいない」を意識して、生ごみを出さない取り組みを行いましょう。
    飲食店等は、食べきれない料理の持ち帰りに配慮するなど、食べ残しを出さない取り組みを進めましょう。
  • 生ごみ分別推進の啓発活動を
    食に関わる環境保全団体等は、生ごみ分別を進めるため、意識啓発や指導に取り組みましょう。
  • 堆肥を活用した土づくりを
    生産者は環境に配慮し、堆肥を使った土づくりを行いましょう。

イラスト:有機資源の堆肥化

  • 有機資源の堆肥化に協力を
    堆肥の原料となる家畜ふんや食品残渣は、貴重な資源として、有機資源センターへ搬入し、堆肥化に協力しましょう。

市の役割

  • 食と環境の関係性についての学習機会を充実
  • 「もったいない」の意識啓発や、ごみ減量化についての情報提供
  • 外食産業における生ごみ減量化の仕組みづくり
  • 生ごみ分別の啓発と学習機会の充実及び地域での取り組み支援
  • 食に関わる環境保全団体等の活動支援
  • 生ごみ堆肥化に関する学習機会の充実
  • 家庭における生ごみ堆肥化の支援
  • 堆肥原料となる家畜ふん、生ごみの計画的な確保と生産による有機資源センターの有効活用
  • 生産者の土づくりの取り組み支援

観光及び交流

市民の役割

写真:いちごと菅谷納豆

  • 新発田の食の美味しさの伝達を
    「食の循環」で生み出された新発田の食の美味しさを、広く紹介するようにしましょう。

写真:イベント風景

  • 「食」イベントに積極的に参加を
    「食」をテーマとしたイベント等に積極的に参加し、他者との交流を深め、「食の循環」について情報交換をしましょう。

  • 「食の循環のまち新発田」の魅力発信を
  • 来訪者には「もてなしの心」で交流を

集合写真など

「食の循環」に関わりをもち、自らの実感した「食の循環のまち新発田」の魅力について、広く発信しましょう。
また、来訪者には「もてなしの心」で接し、新発田の魅力を伝えましょう。

事業者の役割

写真:地場産農産物と料理

  • 地場産農産物を活用し、新発田の「食」の紹介を
    観光産業等は、新発田市産農産物を活用した料理の提供と、安全安心な地場の食材についてのPRを行いましょう。

  • 「食」をテーマにしたイベント開催を
  • 「もてなしの心」で交流を

観光産業等は、「食」をテーマにした交流イベントを開催し、交流の場を提供しましょう。
また「もてなしの心」で対応し、交流を深めるなかで「食の循環のまち新発田」を発信しましょう。

市の役割

  • 新発田ならではの「食」と「食の循環のまち新発田」の魅力を情報発信
  • 観光産業等と生産者の連携する仕組みづくり
  • 情報発信の拠点整備と情報のネットワーク構築
  • 食をテーマとしたイベント開催の支援
  • 新発田市産農産物の大都市圏向けPRイベント等のコーディネート

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

みらい創造課企画政策係
〒957-8686 新潟県新発田市中央町3丁目3番3号 ヨリネスしばた5階
電話番号:0254-28-9530 ファクス番号:0254-22-3110
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。