開館35周年記念企画 第2弾 「蕗谷虹児の乙女妻展」

ページ番号1021889  更新日 令和4年12月1日

印刷 大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 催し

蕗谷虹児の乙女妻展

ー文と挿絵の二刀流小説「乙女妻」の世界ー

 1937年(昭和12年)、1年間に渡り月刊少女雑誌「令女界」に掲載された蕗谷虹児の長編自伝的絵物語「乙女妻(おとめづま)」。絵と文章の両方を虹児が描き上げ、波乱万丈の日々が綴られています。
 絵はすべて白黒ながら、人物・風景・静物を見事に描き分け、虹児の多彩な画力が伝わってくる貴重な作品となっています。15歳で嫁ぎ、享年28歳の若さで世を去った母のはかない生涯を中心に、虹児の「抒情」の原点を垣間見ることのできる作品をぜひご覧ください。

※会期中、記念館の売店で500円以上お買い上げの先着1,000名様に、
 35周年限定オリジナルグッズをプレゼントします。
※令和4年12月12日~令和4年12月19日まで展示替え作業のため、臨時休館します。
 ご理解とご協力をお願いします。

蕗谷虹児の乙女妻展

開催期間

令和4年12月20日(火曜日)から令和5年3月5日(日曜日)まで

開催時間

午前9時 から 午後5時 まで

最終入館時間は午後4時30分です。
休館日は月曜日(月曜日が祝日または休日の場合は、翌日以降の最初の平日)
※年末年始(12月29日~1月3日)は休館します。

開催場所

蕗谷虹児記念館
蕗谷虹児記念館

入館料 

一般・大学生 510円(団体料金20名以上410円)
高校生210円、小・中学生110円

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

文化芸術振興室文化芸術振興係
〒957-0053 新潟県新発田市中央町4丁目11番7号 市民文化会館内
電話番号:0254-26-1576 ファクス番号:0254-26-2500
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。