令和4年度新発田市結婚新生活支援補助金

ページ番号1018341  更新日 令和4年4月5日

印刷 大きな文字で印刷

新婚世帯へ新生活のスタートアップ費用を補助します

令和4年度新発田市結婚新生活支援補助金

結婚に伴う引越しや住居費の一部を補助します

新発田市では結婚に伴う新生活を支援するため、新婚世帯の住宅取得や賃借、リフォーム、引越しに係る費用の一部を補助します。

概要は下記のとおりです。

※制度の利用を検討される場合は必ず事前にお問い合わせください。

制度の概要

1 補助の対象となる世帯

令和4年1月1日から令和5年3月31日に婚姻した以下の要件をすべて満たす世帯

1. 夫婦共に新発田市に住民登録し、補助を申請する住宅に同居している

2. 夫婦共に婚姻日における年齢が39歳以下

3. 夫婦の年間合計所得額が400万円未満
  ※夫婦の双方または一方が、貸与型奨学金の返済を行っている場合は、夫婦の合計所得から
   年間返済額を控除することができます。
  ※夫婦の双方または一方が離職し、申請日において無職の場合、離職した方については
   算定の基準となる年の所得がないものとして夫婦の合計所得を算出することができます。

4.夫婦共に補助金の交付日から2年以上継続して新発田市に居住する意思がある

5.夫婦の双方または一方が、過去にこの制度に基づく補助金の交付を受けたことがない

6.夫婦共にこれまでに市税を滞納していない

7.世帯員が暴力団などの反社会勢力でなく反社会勢力との関係を有していない

2 補助の対象となる経費

令和4年1月1日から令和5年3月31日の間に支払った以下の経費

1.住居費(賃貸)
  結婚に伴い賃貸した住宅の賃料、共益費、敷金、礼金、仲介手数料
  ※駐車場代、鍵交換代、ハウスクリーニング代などオプションに当たる費用は対象外です。
  ※夫婦の一方が婚姻前に契約し居住していた住宅に他方が後に居住した場合は、同居開始後
  (住民票における夫婦の住所が同一になった日以降)に支払った費用が対象となります。

2.住居費(購入)
  結婚に伴い取得した住宅の購入費(新築・中古)、工事請負費(新築のみ)
  ※土地の購入費は対象外です。
  ※住宅の購入費(新築または中古)、工事請負費(新築のみ)が対象です。
  
3.リフォーム費用
  婚姻に伴い、住宅の機能維持・向上を図るために行ったリフォーム(修繕、増築、改築、設備更新
  など)に係る工事費用
  ※車庫、倉庫に係る工事費用、門、フェンス、植栽などの外構に係る工事費用、エアコン、洗濯機
   などの家電購入及び設置に係る費用は対象外です。

4.引越し費用
  結婚に伴い賃借または取得した住宅や、夫婦の一方が居住していた住宅への引越し費用のうち、
  引越業者または運送業者へ支払った作業費や運送費

3 補助金額

1. 夫婦共に婚姻日における年齢が29歳以下の夫婦
   1世帯当たり60万円を上限に、実際に支払った経費を補助します。

2. 夫婦共に婚姻日における年齢が39歳以下で上記1.以外の夫婦
   1世帯当たり30万円を上限に、実際に支払った経費を補助します。

※経費の合計が上限額に満たない場合はその額(千円未満切り捨て)が補助額となります。
※勤務先から住宅手当や経費に掛かる補助、他の公的補助を受けている場合はその額を控除します。

4 募集件数

予算の範囲内

5 申込期間

令和4年4月1日から令和5年3月31日

(受付時間 8時30分から17時15分、土曜日、日曜日、祝日、年末年始の閉庁日を除く)

※事業の予算上限に達し次第受付を終了します。

6 申込方法

 下記の申請書類を受付窓口(新発田市役所 みらい創造課 ライフデザイン係)に直接提出してください。
   申請書は受付窓口に設置しているほか、下記添付ファイルのデータをダウンロードして利用することが
 できます。
 ※申請される前に、対象要件や添付書類について、事前にみらい創造課へお問い合わせください。

 
7 申請書類

(1)交付申請
   
※交付申請時点で対象経費の支払いが完了している場合は(2)実績報告の書類も提出してください。
    その際、見積書類の提出は不要です。
 【全員が提出するもの】

  • 新発田市結婚新生活支援補助金交付申請書(第1号様式)
  • 同意書兼誓約書(第2号様式)
  • 夫婦の婚姻日が確認できる書類(婚姻届受理証明書など)
  • 住民票の写し(夫婦双方の住所が記載されたもの)
  • 夫婦双方の所得証明書(市区町村が発行する所得を証明するもの)
     ※4月から6月に申請する場合は令和3年度課税(令和2年中の所得)分
     ※7月から3月に申請する場合は令和4年度課税(令和3年中の所得)分
  • 夫婦双方の納税証明書(市区町村が発行する納税状況を証明するもの)
     ※市税に未納が無いことがわかる納税証明書
     ※課税証明書とお間違えないようご注意ください。

【住居費(賃借)を経費として申請する場合に提出するもの】

  • 住宅手当支給証明書(第3号様式)
  • 住宅の賃貸借契約書の写し
     ※契約日、金額、借主・貸主双方の捺印を確認できるもの

【住居費(取得)を経費として申請する場合に提出するもの】

  • 住宅の売買契約書または請負契約書の写し
     ※契約日、金額、買主・売主双方の捺印を確認できるもの

【住宅のリフォーム費を経費として申請する場合に提出するもの】

  • リフォーム工事の見積書
     ※実績報告を同時に行う場合は不要

【引越費用を経費として申請する場合に必要なもの】

  • 引越費用に係る見積書または引越し費用が確認できる書類

【該当者のみ提出するもの】

 申請時において夫婦に離職者がいる場合

  • 無職であることの申告書
  • 離職票または退職証明書

 夫婦に貸与型奨学金の返済を行っている人がいる場合

  • 貸与型奨学金の返済額が確認できる書類

 ※提出書類のうち、各種証明の発行に手数料が必要となります。予めご了承ください。

(2)変更申請

  交付決定を受けた後、交付申請の内容に変更が生じたときは、下記の書類を提出してください。

  • 新発田市結婚新生活支援補助金交付変更申請書(第5号様式)
  • 変更する内容を確認できる書類   

(3)実績報告
   対象経費の支払いが完了したら、下記の書類を受付窓口(新発田市役所 みらい創造課ライフデザイン係)
   に直接提出してください。

 【全員が提出するもの】

  • 新発田市結婚新生活支援補助金実績報告書(第7号様式) 

 【住居費(賃借)を経費として申請した場合に提出するもの】

  • 賃貸に係る経費の領収書の写し
    ※補助対象機関に支払った賃料、共益費、敷金、礼金、仲介手数料の総額と内訳が確認できるもの  

【住居費(取得)を経費として申請した場合に提出するもの】

  • 住宅取得に係る経費の領収書の写し
     ※土地代、各種手続き手数料は除く

【住宅のリフォーム費を経費として申請した場合に提出するもの】

  • リフォーム工事に係る経費の領収書の写し

【引越費用を経費として申請した場合に提出するもの】

  • 引越費用に係る領収書の写し

【該当者のみ提出するもの】

  • その他市長が必要と認める書類

8 補助金の交付決定・補助額の確定

交付申請書類を市が受理した後、その内容を審査し、交付決定をした場合は、申請者へ「新発田市結婚新生活支援補助金交付決定通知書」を郵送します。

実績報告書類を市が受理した後、その内容を審査し、補助金の額を確定し、申請者へ「新発田市結婚新生活支援補助金確定通知書」を郵送します。

※審査には2週間ほどかかります。

9 補助金の請求・支払い

補助金確定通知の受領後、「新発田市結婚新生活支援補助金交付請求書(第9号様式)」を受付窓口
(新発田市役所 みらい創造課ライフデザイン係)に直接提出してください。

請求書を受領後30日以内に、請求書に記載の指定口座へ補助金を振り込みます。

10 対象経費が年度をまたぐ場合の継続補助について

家賃などの経費を申請するにあたり、年度内に補助上限額に達しない場合(補助上限額に達するまでに年度をまたぐ場合)は、次年度に再度申請することで、上限額の残額分を継続して補助します。

11 交付決定の取消、返還について

補助金の申請において、偽りその他不正があったと認めた場合は、補助金の交付を取り消す場合があります。また、補助金の交付を取り消した場合において、すでに補助金が交付されているときは、補助金の返還を命じることがあります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

みらい創造課ライフデザイン係
〒957-8686 新潟県新発田市中央町3丁目3番3号 ヨリネスしばた5階
電話番号:0254-28-9531 ファクス番号:0254-22-3110
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。