新型コロナウイルス感染症の影響により市税の納付が困難な方へ

ページ番号1012399  更新日 令和2年9月8日

印刷 大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症の影響により市税の納付が困難なときは

納税の猶予について(特例制度・既存制度)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、国において市税を納期限内に納税することが困難な方などを対象とした徴収猶予の特例制度が創設されました。つきましては既存の制度とあわせ猶予を希望される方は収納課までご相談ください。

納税の猶予「特例制度」

新型コロナウイルスの影響により事業などに係る収入に相当の減少があった方は、以下の1、2の要件いずれにも該当する場合に1年間、地方税の徴収の猶予を受けることができます。

  1. 新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業などに係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。
  2. 一時に納付し、又は納入を行うことが困難であること。

徴収猶予が認められると

  1. 納期限の翌日から最長一年間猶予が認められます。
  2. 猶予期間中の延滞金が免除されます。
  3. 財産の差押えや換価(売却)が猶予されます。

申請の手続

  1. 提出する書類
  • 収入や現預金の状況が分かる資料

注1 申請時点で納期限が翌月に到来する程度のものまでをまとめて申請することができます。
注2 令和3年2月2日以降に納期限を迎える市税については、徴収猶予の特例制度の対象となりません(例:令和2年度固定資産税第4期および令和2年度国民健康保険税第8,9期など)。
注3 令和2年9月4日に政令が改正され、申請期限が令和3年2月1日に延長されました。これにより、同日が納期限となっている令和2年度市県民税第4期および令和2年度国民健康保険税第7期も、徴収猶予の特例制度の対象となります。

申請期限

市税のそれぞれの納期限まで
(ただし、令和2年2月1日から令和2年6月30日までに納期限が到来する市税については、令和2年6月30日が申請期限となります。)

記入例

納税の猶予(既存制度)

徴収猶予の特例制度に該当しない場合でも、以下の既存の猶予制度に該当する可能性がございますので、ご覧いただき猶予を希望される方は収納課までご相談ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

収納課税金収納係
〒957-8686 新潟県新発田市中央町3丁目3番3号 ヨリネスしばた3階
電話番号:0254-28-9300 ファクス番号:0254-26-2210
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。