市民相談センター・消費生活センター

ページ番号1000622  更新日 令和3年9月15日

印刷 大きな文字で印刷

日常生活での困りごと、契約トラブル、多重債務などのご相談に応じています。お気軽にご相談ください。

 「サラ金やクレジットからお金を借りたが返済に困っている」、「悪質商法の被害にあったようだ」、「日常生活で心配ごとや困りごとがある」このようなことでお困りの方に、市では解決のお手伝いや情報提供を行っています。一人で悩みを抱え込まず、少しでも早くご相談ください。

消費生活や心配ごとの相談

1 相談日・時間

 ○ 月曜日~金曜日(年末年始・祝日は除きます)

 ○ 午前9時00分~午後4時00分

 ※土曜日・日曜日・祝日(年末年始を除く)は、国民生活センターの消費者ホットライン(電話番号188番)にご相談ください。(午前10時00分~午後4時00分)

2 相談窓口

 ○ 市役所本庁舎1階 市民相談センター・消費生活センター

3 相談方法

 ○ 電話または窓口での相談となります。窓口での相談は予約の必要はありません。

   電話による相談 電話番号:0254-28-9110(直通)

司法書士による無料消費生活相談

1 相談日・時間

 ○ 偶数月第1木曜日

 ○ 午後1時30分~午後4時30分(1人30分程度)

2 相談窓口

 ○ 市役所本庁舎1階 市民相談センター・消費生活センター

3 相談方法

 ○ 相談は予約制で、来所による相談となります。 電話番号:0254-28-9110(直通)

消費者トラブル注意情報

新型コロナウイルスに便乗した悪質商法に注意

 国民生活センターから、新型コロナウイルスに関連した注意喚起情報が出されています。全国から寄せられた悪質な相談事例が紹介されていますので参考にしてご注意ください。

新型コロナウイルスのワクチン接種に便乗した詐欺被害に注意

 新型コロナウイルスのワクチン接種に便乗した消費者トラブルや悪質商法に関する相談が、全国の消費生活センターなどへ多数寄せられています。
 市役所が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話やメールなどで求めることはありません。
 困ったときは一人で悩まず、消費生活センターにご相談ください。

まちづくり出前講座の開催

騙されないで 悪質商法や架空請求

 相談員と市職員が皆さんのところに出向き、振り込め詐欺、架空請求、点検商法などの手口や対処方法などについてわかりやすく説明します。町内会や老人会、各種サークル、PTAの学習会や集会などに、ぜひご活用ください。

知っておきたい消費生活情報

1 クーリング・オフ制度

 原則的に契約は一方的な理由で解除することはできません。しかし、突然自宅を訪れた販売員や道を歩いていて急に呼び止められたなど、不意を突くような勧誘を受けたときに冷静な判断を下すことは難しく、消費者にとって不利な場合が多くみられます。そのため、特定の取引に限って契約を解除できるクーリング・オフ制度が設けられています。

 クーリング・オフは、いったん申し込みや契約をしてしまった後でも、冷静になって考え直して「契約をやめたい」と思ったとき、一定期間であれば無条件で契約の申込みを撤回したり、解除したりすることができる制度です。

2 消費者庁リコール情報

 商品の欠陥・不具合、また、品質上の理由などにより、事業者がその回収や無償修理など、また注意喚起を行っている情報をお届けします。

新発田市の消費者被害情報・相談事例

 皆様から寄せられた相談をもとに作成している広報しばたの「くらしの相談所」から、消費生活に役立つアドバイスを紹介します。

令和3年度

令和2年度

令和元年度

新発田市からの消費生活情報

新発田あんしんメール・エフエムしばた

 消費者トラブル情報をリアルタイムにお伝えしています。消費者被害の情報や対処法を事前に知っておくことで被害を未然に防ぐことができます。ぜひご利用ください。

   エフエムしばた ラジオアガット(76.9MHz)

関連機関へのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市民生活課市民生活係
〒957-8686 新潟県新発田市中央町3丁目3番3号 ヨリネスしばた1階
電話番号:0254-28-9101 ファクス番号:0254-22-5662
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。