おうちで体を動かそう

ページ番号1014988  更新日 令和4年1月12日

印刷 大きな文字で印刷

自宅でできる簡単な運動を紹介します

最近、体を動かす機会はありますか?
運動不足の状態が続くと体力や筋力の低下など健康への影響も心配されます。

そこで、毎日を健康に過ごすため、誰でも自宅で手軽にできる運動を紹介します。
運動不足解消のため、体を動かして、心身ともにリフレッシュしませんか。

 

タオルを使って筋力を高めよう

日常生活の中で、筋力が低下したと感じることはありませんか。
運動不足や加齢によって筋力が低下すると、疲れやすさや膝、腰など関節の不調を感じやすくなります。
また、高齢期には、歩行機能の低下や転倒の危険も高まります。
そのため、筋力を維持し、健康な生活を送るためには、筋力トレーニングが有効です。

今回は、手軽にできるタオルを使ったトレーニングを紹介します。
特別な器具がなくても、タオルを使うことで、筋肉を部分的に鍛えることができます。

気軽に筋肉を刺激して、心も体もスッキリしましょう!

 

タオル体操(筋力トレーニング)のポイントと注意点

1.トレーニングの際は息を止めず、数を数えながら行いましょう。
2.鍛えている筋肉を意識し、ゆっくり動作を行うことでトレーニング効果が高まります。
3.トレーニング前後にストレッチなどを行いましょう。けが予防や疲労回復に役立ちます。
4.頑張りすぎず、無理のない範囲で行いましょう。(特に、血圧が高い方は注意しましょう。)
5.体調の悪い時や痛みのある時はやめましょう。
6.治療中の疾患がある方は、主治医に相談してから行いましょう。

タオル体操(筋力トレーニング)の資料

タオルを使って体をほぐそう

日頃の生活の中で、体のこりや不調を感じていませんか。
タオルを使う体操は、体のバランスがとりやすく、筋肉が伸ばしやすくなるうえ、タオルを握ることで
握力向上にもつながります。
体操を行うことで全身の血行を促進し、体のこり解消や姿勢改善効果のほか、疲労回復にも役立ちます。
体力に自信のない方も気軽に挑戦でき、筋肉を伸ばす気持ちよさを実感できます。

また、運動前後のストレッチとしてもおすすめです。

こり固まった筋肉をほぐして、心も体もスッキリしましょう!

 

タオル体操のポイントと注意点

1.立位の場合は、足は肩幅に開きます。立位、座位ともに姿勢を良くします。
2.体操によって異なりますが、タオルの両端をぴんと張るように持ちます。
3.体操中は息を止めず、自然な呼吸を心がけましょう。
4.無理な反動はつけずにゆっくり伸ばし、動かしましょう。
5.筋肉を傷める恐れがあるため、体が冷え切った状態では行わないようにしましょう。
6.体調の悪い時や痛みのある時はやめましょう。
7.治療中の疾患がある方は、主治医に相談してから行いましょう。

タオル体操のイラスト

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

健康推進課地域保健第1係
〒957-8686 新潟県新発田市中央町3丁目3番3号 ヨリネスしばた2階
電話番号:0254-28-9213 ファクス番号:0254-21-1091
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。