風しん追加対策(抗体検査・予防接種)のお知らせ

ページ番号1019571  更新日 令和4年8月4日

印刷 大きな文字で印刷

国の方針で風しん追加対策が、令和4年4月から令和7年3月末までの3年間延長が決まりました。この機会に風しん抗体検査を受けましょう。

無料で検査できるこの機会に風しん抗体検査を受けましょう

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は公的な予防接種を受ける機会がない世代であり、他の世代に比べると風しんに対する抗体が低いことがわかっています。

【対象者】

 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性で下記の1.2.いずれかに該当する方

1.過去にクーポン券を使用し、抗体検査を受けていない方

2.過去にクーポン券を使用し抗体検査を受け、抗体が低いと判断されたが、予防接種を受けていない方

対象者には、無料クーポン券を令和4年3月末日に送付しています。

【クーポン券の有効期限】

 令和4年4月1日から令和5年3月31日

【費用】

 無料(1人1回限り)


【検査について】

 医療機関(添付の市内実施医療機関一覧参照)及び市の特定健診、お勤め先の健康診断や人間ドックで検査が受けられます。

 ※医療機関で受診される方は事前予約が必要です。(風しん抗体検査・予防接種クーポン券、健康保険証をご持参ください。)

【風しん予防接種】

 風しん抗体検査の結果、抗体が基準値より低い場合は、予防接種の対象となります。

 ※職場健診や人間ドックで「抗体が低い」と結果が出た場合は、添付の医療機関に予約し、風しん予防接種を受けましょう。(抗体の結果が書いてある予診票、風しん抗体検査・予防接種クーポン券、保険証をご持参ください。)

【風しんについて】

風しんは、発熱及び発しんを主な症状として、飛沫感染により人から人へ感染し、感染力が強い疾患です。妊娠中の女性が風しんに感染すると、子どもに眼や耳等の障害を含む先天性風しん症候群が生じる可能性があり、一度まん延すると、その影響を受けて先天性風しん症候群の発生も増加する傾向が見られます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

健康推進課保健予防係
〒957-8686 新潟県新発田市中央町3丁目3番3号 ヨリネスしばた2階
電話番号:0254-28-9210 ファクス番号:0254-21-1091
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。